リーバイス501のリジットを糊落とし・ファーストウォッシュしてみた【シュリンクトゥフィット】

リーバイス501シュリンクトゥフィットのビフォーアフター ファッション・小物

すべてのジーンズの原点と言われるLevi’s(リーバイス)の501

この501には「シュリンク トゥ フィット(SHRINK-TO-FIT/STF)」と呼ばれる、ジーンズ好きにとってたまらないモデルがあります。

501 シュリンクトゥフィットの魅力は、なんといっても自分で1から好みのジーンズに育てられること。

この度、以前からチャレンジしてみたかった501のシュリンクトゥフィット(リジット)を購入したので、育成記録として購入から糊落とし・ファーストウォッシュの様子を紹介します。

これから501 シュリンクトゥフィットを購入したい方や、すでに育成中の方の参考になれば幸いです!

こちらの記事もおすすめ
【着用4ヶ月】リーバイス501STFを2度目の洗濯&乾燥機デビューしてみた

シュリンクトゥフィットとは?

そもそもLevi’s501の「シュリンクトゥフィット(SHRINK-TO-FIT/STF)」とはどのようなものかを簡単に確認しておきましょう。

シュリンクトゥフィットとは、防縮加工が施されていないノンウォッシュ(未洗い)のジーンズで、「生デニム」や「リジットデニム」とも言います。

一般的に販売されているジーンズの多くは、販売前の段階でウォッシュ加工が施されていて、購入後に自宅で洗濯しても大幅にサイズが縮むことはありません(=プレシュリンク)。

一方のシュリンク トゥ フィットは、「SHRINK TO FIT(縮んでフィットする)」という名の通り、縮ませて自分の体型に合ったサイズ・シルエットにするジーンズ

着用方法やケア方法によってサイズの変化や風合い(シワの付き方やアタリ)に差が表れるため、自分の体型や好みに合ったジーンズへと育てることができます

唯一無二のジーンズを自分の手で育て上げるって、めちゃロマンを感じませんか?

「シュリンク トゥ フィット」を購入!

さて、本題に戻りましょう!

今回、僕がLevi’s501の「シュリンク トゥ フィット」を購入したのは、東京・上野のアメ横にある「JALANA」さん。

店員さんにサイズ選びについて聞いてみると、ウエストは1インチ、レングスは3インチ大きめがオススメとのこと。

僕の場合、普段はウエスト32インチのレングス30インチあたりを履いているので「W33×L33」を購入しようと思ったのですが、該当サイズの在庫がなかったため「W33×L32」を購入しました。

ちなみに、Amazonでも購入できるので自分のサイズが分かる人はネットで購入するのが最もお手軽かもしれません。

僕も今後2本目、3本目を購入するときはAmazonで購入しようと思っています。

購入した501 シュリンク トゥ フィットがこちら!

では、購入したジーンズを見ていきましょう!

購入したのは米国流通モデルの並行輸入品で、ウエスト33のレングス32。リジットならではのバリバリ感がたまりません!

バックから。正面は撮り忘れました。

W33×L32

現在の米国流通モデルの生産国は、コロンビア・グアテマラ・メキシコ・ハイチ・ドミニカ共和国・エジプトなどがあるそうですが、僕が購入したのはエジプト製でした。

購入したのはエジプト製

「シュリンクトゥフィット(リジット)」を意味するロットナンバー0000

ロットナンバー・品番は「501‐0000」

ロットナンバー・品番は「501‐0000」。ちなみに、「0000」は 80年代以降のリジット(未洗い・未防縮加工)モデルを意味します。

501といえばボタンフライ。

裏返してみる。耳の部分は脇割り。

糊落とし前のサイズ感

糊落とし前に、実際に履いてみてサイズ感をチェックしておきます。ちなみに僕は身長177センチの体重68キロです。

ややダブついていて、レングスもかなり余っている状態です。

購入直後の着用画像(正面から)

正面から。全体的にゆとりがあります。

購入直後の着用画像(横から)

横から。

購入直後の着用画像(後ろから)

後ろから。

メジャーでサイズを測ってみたところ、ウエストが約43センチ(片面)、ワタリが約29センチ(片面)、股下が約80.5センチでした。
※素人採寸なので参考まで。

購入時のウエストサイズ。約43センチ(片面)

購入時のワタリ。約29センチ(片面)

購入時の股下。約80.5センチ

いざ糊落とし&ファーストウォッシュ!

では早速、糊(のり)を落としていきます!

糊落としの方法は色々とあるのですが、僕はシンプルにお湯に1時間ほど浸けておく方法にしました。

風呂にお湯を張って浸けておいてもよいのですが、インディゴが浴槽に染みてしまうと厄介なのでバケツを使用。

ちなみに、501を着用したままお湯を張ったバスタブに浸かって糊落としをする猛者もいます。この方法は、イギリス映画「さらば青春の光(Quadrophenia)」で主人公が行った糊落としの方法だそうです。

バケツに約40度のお湯をためて、裏返して丸めた501を投入。軽く押し込みながら空気を抜いて、浮いてこないようにしっかりと沈めます。

1時間ほど放置したあと、洗濯機で洗濯(すすぎ)〜脱水まで行いました。乾燥までしてしまうとぐっと縮んでしまうので注意が必要です。

脱水が完了したら、逆さまに吊り下げて乾燥。店員さんにオススメされた3インチアップのレングスではなく2インチアップにしたので、レングスが縮みすぎるのを防ぐのが狙いです。

乾燥が完了!サイズ感の変化は?

ジーンズの洗濯・脱水を終えて干し始めたのが23時頃で、翌朝まだ少し湿っていたので更に夜まで放置しました。

約1日乾燥させて、いよいよサイズを確認していきます。

サイズはどれくらい縮んでいるんでしょうか……?

洗濯後の着用画像(正面)

正面から。購入時よりだいぶフィット感が増しました!

洗濯後の着用画像(横から)

横から。

洗濯後の着用画像(後ろから)

後ろから。

ウエストや太もも周りがきゅっと縮んで、なかなかいい感じのサイズに!

懸念していたレングスもジャストサイズに縮んでくれました!

また、写真では分かりづらいですが、糊落とし・ワンウォッシュ後は若干生地の青みが増したような気がします

購入時と糊落とし・ファーストウォッシュ後のビフォーアフターはこちら

ビフォーアフター(正面)

ビフォーアフター(横)

ビフォーアフター(後ろ)

ちなみに、糊落とし・乾燥後のサイズは、ウエストが約42センチ(片面)、ワタリが約28センチ(片面)、股下が約76センチでした。
※測り方が悪かったのか、ウエスト・ワタリはあまり変化がありませんでした。着用した感じは結構変わってます。

ウエストや太もも周りに関してはもう少し縮んでも良いかなーと思っているので、次回の洗濯でのサイズ変化が楽しみです。

ひとまず3ヶ月ほど洗濯せずにガシガシ履き込んでみて、経過観察・報告したいと思います!

では、また会いましょう!

続編はこちら
【着用4ヶ月】リーバイス501STFを2度目の洗濯&乾燥機デビューしてみた

【着用8ヶ月】リーバイス501‐STFの変化を画像で紹介!

こちらの記事もおすすめ
【TCB jeans】S40’s ジーンズ・ジャケットの特徴やサイズ感をレビュー!